» 2017 » 7月のブログ記事

「引っ越しの機会はモノを捨てる機会」と考えると引っ越しもなかなか楽しいです。ただ住処を移動するだけと考えないで、引っ越しの機会を上手に活かすのです。120%引っ越しの機会を活かそうとすることで引っ越しが好きになるかもしれません。
ゴミ捨て場
私個人としては引っ越しはモノを処分できる機会だと考えています。引っ越しが決まると翌日からさっそく不用品を処分し始めますが、ただモノを捨てるだけじゃありません。第一モノをぽいぽい捨てるのは良いことだと言えませんよね・・・。地球に優しくないことはしない主義です。それに、今までお世話になったモノ達をこの機会にとぽいぽいゴミにするのは私のポリシーに反しています。

もったいない!と思うこともしたくありません。なので「できるだけ不要なものを再利用できないか」と考えます。多くの不要品は必要な人の元へと行くように譲りますが、フリーマーケットに出すこともありますよ。フリーマーケットを開く友人に頼んで一緒に売ってもらうのです。

子供の洋服は結構良い値段で買ってもらえますし、アクセサリー類も安くすれば次々に売れていきます。いい人の元に行くことでこちらも気持ちが良いし、お小遣い稼ぎもできて一石二鳥です。

食器棚の引越し料金を節約するコツ!

引越しをしたいと思っているのは家族が増えすぎてしまったからです。
まだ独身とはいえ、私の家に居候をする人数が増えていればそれだけ生活をするためのストレスがかかってしまいます。
できるだけのんびりお家で過ごしたいと考えているので、やっぱり1人で暮らすのが1番なんですよね。
社会人ともなればこうして暮らしているよりも、恋人を呼びやすいという意味では引越しをするのもよいでしょう。
決断をしなければならない時期というのは別に期限はないのですが、少しでも早く引越しをしたいので近くのところに決めました。
アパートなのですがまだ新築だし、女性専用ということもあってとにかく小奇麗です。
女性のためのマンションやアパートっていっぱいありますからどれにしようか迷うものですが、引越しをする作業にしても近い方がしやすいのでとりあえず決めたんですよね。
別に自宅を出ることができれば目標は達成したので、思い立ってから行動するまでのスピードが1週間ぐらいでした。
あまりにも早すぎるのもどうかとも思いますが、自分にとって今のアパートが満足しているので問題はありません。
むしろ同じぐらいの年齢層の人たちが入居しているので、うまくいけばお友達を作ることもできそうなのでした。