e376194eb13307b41d259c1787953a21_s

 

引越し作業するときには、箱ごとに何を入れるか決めておく事が重要です。中に入ってる物がまとまっていると、押入やタンスなどに整理しやすくなります。

それだけ出なく、新居に段ボール箱を置くときにもどこに持って行けば良いのかすぐに分かるようになります。段ボール箱に荷物を積みこんでいる段階において、段ボール箱に数字を振るのも良い考え方です。

つまり、引越し前に数えた段ボール箱の数と、新居に移動完了した段ボール箱の数が合っている事が最低限必要となります。

このように、後でミスが発覚しないようにするためにちょっとした手間をかけておくことが重要になります。もう一つは、破損しそうな物が入っている物に関しては、割れ物である事を事前に確認できるようにマジックで書いておく必要があります。

特に注意をして車に積載するようになるので、うっかり落として破損をしてしまうような可能性を減らす事があのになります。

引越しの作業は、1日であろうとするといつまでも終わらないので、引越しを予定しているかなり前の段階から作業を開始します。途中で段ボール箱が足りなかったり、梱包材が不足してしまう可能性もあるため、余裕を持って作業を進めるようにします。

引越し料金の節約には→市内の引越しの見積もりの相場より安く!

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする